ふちどり

後ろ見ながら前に進む、僕の日記。

野球場

 

アパートから歩いて数分のところに野球場がある。

 

僕は野球のルールを知らない。知らないけれど、人間がボールを投げたり取ったりするのを眺めるのは好きだ。だからたまに試合を観に行く。


ルールも知らずに観て何がたのしいのかと言われる。そんなの、ルールを知らないので勝ったも負けたもわからないのが良いのだ。などと言ってみる。

僕はただボールが人間の間を行ったり来たりするのをぼんやり眺めるだけ。

 

この前も試合を見に行った。

周囲の観客たちは大声で怒鳴ったり、悲鳴をあげたり、時には泣いたりする。動物みたいだと思う。