ふちどり

後ろ見ながら前に進む、僕の日記。

色を逃れる

ふと、三色の呪縛から逃れてみようかな、と思った。


三色の呪縛とは、僕の「色を纏う」という記事に書いてあるとおりである。

以前の記事では、三色が何色かは秘密などと述べているが、特に隠すこともないと思い直したので書くと、その三色とは青・白・黒である。

僕は先日まで海外で暮らしていたのだけれど、日々色鮮やかな街並みを見て過ごしたおかげか、日本の街はかなり地味でつまらなく、寂しいような気がする。

そこで、街を塗り替えることはできないけれど、せめて自分を塗り替えてみようかな、と思いたったのだ。
青白黒の呪縛から逃れようともがいてみようかな、と。

そこから外れることは、僕にとって挑戦である。
かなり落ち着かないことだろう。
でも、今の僕には、落ち着かない状態でちょっとそわそわしてみるということが必要かもしれないと思う。落ち着きたいと思っていたのは、ただ楽したいだけだったのかもしれない。
落ち着いていても楽しくないんじゃ意味がない。自分の安心できる範囲から外れて多少落ち着かなくても、そのぶん楽しければやってみる価値はあるのかもしれない。


めずらしくそのような前向きなことを考えたりした。