ふちどり

後ろ見ながら前に進む、僕の日記。

ねむる

 

なんだか今日は眠れないので、眠ることについて書いてみることにする。

 

 

僕は基本的に、今日のように「眠れない」ということが日常あまり起こらない人間である。

 

高校時代から何となく朝型で、それがずっと今でも続いている。夜の10時以降はほとんど機能停止みたいな感じになり、何をやっても効率が悪いので、遅くて11時にはもう寝てしまえ、となる。日をまたいで起きていることは無い。布団に横たわれば3分とかからず眠りにつくことができる。そして、目覚ましをかけなくても何となく4時半から5時くらいには自然と目がさめる。このスタイル(?)を人に話すとたいてい、君はお年寄りみたいだな、と言われる。お年寄りというより少しばかり朝に強い小学生だ、と自分では思っている。

 

昔から人間という生き物の統率方法というか、管理方法というか、どのような生活をするとどのような気持ちや行動が起こる傾向があるのかみたいなことに妙にこだわって、人間の中でも唯一内側から観察できる自分の身体を使っていろんな実験をした。

なんて書くとかなり怪しげだけれど、僕はただ心も体も健康に生きる術を知りたかった。そしてその術を知るにはどうやら、睡眠・食・他人との関わり、という3つのテーマを追求する必要があるようだと考えた。中でも最も記録と分析がしやすい睡眠について、いろいろ試した、という話。

 

11時就寝、4時半起床の生活は、断続的にだがかれこれ5年にはなると思う。日々の生活の中で睡眠の部分が固定されていることで、他の部分で起こった体調や気分の波を自分で察知しやすくなったような気がする。

「眠れない」が起きる日は、気持ちの面で比較的いろいろあった日であると言える。神経がたかぶっている、という表現で正しいかわからないけれど、いつもの時間になってもシャットダウンできないくらい未処理、あるいは現在進行形で処理中の何かが残っている状態。もう1人の自分に、眠ったりしてこのことを忘れたりしたらだめだ、まだ起きてて考えな、と言われているみたいな感じ。

 

今日は普段会わない人と会って、慣れない話題についてたくさん会話をして、ということをしたので、おそらくそのことでメモリがいっぱいなのだと思う。これは種々ある「眠れない」の中でも、深刻でないほうのやつなので、処理が終わるのをじっと待つのみ。

 

がんばれ、ぼくの脳みそ。と思う。