ふちどり

なんでもない日々

いや俺だって親の衰えに震えるんすよ

ついこの前の帰省で、一緒に出掛けた帰りのこと。

電車の座席に座ってうつらうつら船を漕ぐ母親。あと一駅だから起こさなきゃ、と思ったとき、自分の方が背が低いのでいつもは見えない頭のてっぺんがふと目に入った。それはもうほとんど真っ白で、泣きそうになった。

f:id:HummingbirdCoffee:20180929231538j:image

がんばらなくちゃ、と思った。